トレンドダイエット

インターミッテントファスティングで痩せる?効果は出るの?

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約519

こんにちわ。西川ゆかりです。

別に最新のダイエットというわけではないんですど、インターミッテント・ファスティングって知ってますか?

様々な方法があって、ある一定の条件の元食事制限をしてその条件以外の部分は普通に食べるというものです。

ファスティングというと、断食です。

  • 炭水化物抜きは辛くて続かなかった
  • 腹八分目では満足感が足りなくて、我慢ができない
  • かといって、丸一日食べない断食なんてもっと無理。

こんなお悩みを解決するには、空腹を我慢できるかどうかが成功の分かれ目ですよね。

今、これをこういうダイエット方法もあるよという目線でお伝えしますが、私は無理だろうなぁと思っています。

でも、決められた以外の時間は何食べてもいいダイエット方法なので、自分に合えばかなり楽な方法だと思います。

その理由も含め、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

インターミッテント・ファスティングの方法は?

インターミッテント・ファスティングには4つのやり方があります。

  • 5:2法:週5日は普通に食べて、残りの2日は1日500~600キロカロリーに抑える。
  • リーンゲインズ法:食事の時間を8~10時間の間に限定し、残りの14~16時間は完全に食べない。
  • イート・ストップ・イート法:週に1〜2日食べない日をつくり、ほかの5~6日は普通に食べる。
  • ウォーリアーダイエット:1日のうち20時間は食べないようにして、夜1回だけしっかり食べる。

引用:MYLOHAS

どうですか?

これを見て、できそうな方法があればぜひ試してみてください。

私ですか?

私にはちょっと無理ですね。

我慢ができないわけじゃなく、低血糖気味なので、空腹時間を長くしたくないんですよね

自分ができない方法でも、これが向いている人もいると思うんです。

例えば、「ちょっとだけ食べる」というのができない人なんかがそうですよね。

向いている人その①切り替えれない人

時々いませんか?

お菓子の袋を開けたら一回分だけ食べて、またゴムで縛るというのができない人

一回開けたら、全部食べきらないと気が済まないタイプの人です。

そういうタイプの人なら、このダイエット向いていると思うんです。

「痩せるカロリー制限をするけど、いつたべてもいいよ。でも量を守ってね」よりも

「この時間とこの日以外は、食べたいものたべていいよ。」の方が、合っていると思います。

このインターミッテント・ファスティングはまさに後者のダイエット法ですよね。

向いている人その②体質改善のきっかけにしたい人

このインターミッテント・ファスティングは、長時間食べ物を食べないことで、細胞にストレスを与えます。

このことが、アンチイジングに効果があるという説があるのです。

アンチエイジングの起爆剤でないですが、体質改善のきっかけにはなると思います。

食べ物を食べない時間を確保することで、内臓を休めることができますよね。

その内臓を休めることで、肝臓機能が向上し内臓代謝を高める効果があるかもしれないのです。

食べないのに太る⁈栄養不足で逆に痩せない体になってるかも!

断食はデトックス効果があるという説もあるので、ある程度の効果は得られると思います。

向いている人その③最後の追い込みにしたい人

しばらくダイエットをしてきて、まだまだ頑張りたいのに減らなくなってきた。

そんな時、このインターミッテント・ファスティングをすることで、体脂肪を燃焼してくれます

なぜかというと、体内にブドウ糖が入ってこないと、体脂肪を使ってエネルギーに変えるので、このインターミッテント・ファスティングは、ラストスパートにはもってこいです。

ただし、これを最後の追い込みとして使う場合、注意が必要です。

目標体重になった時に、今まで食べていなかったタイミングに普通にご飯を食べるようになったのに、逆に食べていた時の食事を減らさないと、あっという間にリバウンドしてしまいます。

私が、インターミッテント・ファスティングをおすすめしない理由

向いている人には、もってこいの起爆剤になると思います。

ただ、私がこれをおすすめしない理由として、リバウンドしやすいというデメリットがあります。

もちろん、ちゃんと自分で管理ができる人は大丈夫です。

なんどかここでも言っていると思うのですが、「ダイエットの終わり」はないんです。

ダイエットが終わった!と全部をやめてしまうと、リバウンドしてしまいます。

なので、ダイエット中とダイエット後で極端な差がついてしまうやり方はおすすめしません。

私がそうなのです。

ちょっと痩せると、気が緩んで食べちゃうので今まではリバウンドを繰り返してきました。

今は、日常生活の基本を、太りにくい生活にしてしまっているのでキープできているのですが、これをまた崩すときっとリバウンドしてしまいます。

多分あれなんですよ。

「食べたいものを我慢して痩せたんだから、ちょっとくらい食べてもいいよね」

この気持ちの「ちょっとくらい」がちょっとで終わらないんだと思います。

そう。一番ダメなやつです(笑)

なので、インターミッテント・ファスティングをやって見て欲しい人は、ある意味ですっごい真面目な人です。

決めたことは絶対守る。これができる人にはすごくおすすめな方法なのです。

反対に、私のようにズボラさんにはあまりおすすめしません(笑)

 

まとめ

  • インターミッテント・ファスティングは向き不向きがある
  • 向いている人は真面目な人と食べたら止まらない人
  • 私のようなズボラさんには向かない
  • 低血糖を起こしやすい人はやめてくださいね

興味が出た人は、どの方法が一番自分に合っているかを考えてチャレンジしてみてください。

私?私はトレーナーにも止められそうなのでやりません(笑)

というのも、血糖値が上下すると立ちくらみを起こすので、血糖値が乱高下するダイエットは向いていないのです。

ここはダイエット情報サイトでもあるので、こういうのもあるよーと書こうかなと思ったのです

できる!と思ってチャレンジする方も、無理はしないでくださいね。

過度なファスティングは摂食障害のきっかけを作ることもありますので、ご自身の健康が第一ですので、本当に無理は禁物ですよ!

 

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-トレンドダイエット

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.