日記

ふくらはぎを温めるといいことがあるって本当?実践してみます。

投稿日:

この記事をよむのに必要な時間: 約435

こんにちわ。西川ゆかりです。

「ふくらはぎを温めると健康になる」

「ふくらはぎを温めると痩せる」

という話を聞いたことはありますか?

個人的に、冷えやむくみにとっても興味がありますし、アラフォーということもあり美容にいいことは試してみたいのです。

今回は、ふくらはぎを温めると何がいいのかについてお話ししていきます。

ポイントは、ふくらはぎの役割です。

ふくらはぎが冷えると、全身の血流が悪くなってしまうんです。

 

 

スポンサーリンク

ふくらはぎを温めると何がいいの?

ふくらはぎは第二の心臓と言われているんです。

というのも、ふくらはぎは全身に血液を送るためのポンプの役割をしているので、冷えて動きが悪くなれば、全身の血流が悪化する原因の一つとなってしまいます。

体の血流が悪くなれば、健康にもよくないですし、ダイエットにも悪影響です。

そのため、ふくらはぎを温めることで健康効果やダイエット効果があるとされています。

 

 

ふくらはぎを温めようと思ったのはなぜ?

ダイエットにいいとは言っても、これで痩せるというのを完全に信じているわけではありません。

では、なぜかというと主には妊活のためです。

せっかく人工授精までしたのだから、ちょっとでもいい結果に繋がりそうなことをしておきたいなと感じました。

妊活=体の冷えと思うのには、理由があります。

一つは一人目の時に鍼灸院で指摘された「内臓の冷えの事実」です。

そして、もう一つは一人目の時に切迫早産になった時の服装をおもいだしてみました。

病院で「安静に」と言われた時の服装で共通点としてあったのが

「下半身の薄着」

です。

足首やふくらはぎを冷やすことで、お腹の赤ちゃんにダメな影響があったのではないかと考えました。

この話は、あくまで私の仮説です。

けれど、頭寒足熱とも言いますし、今回ためしにふくらはぎを温めてみようと考えたのです。

 

 

ふくらはぎを温めるってどうやるの?

私は、ハイソックスを履いてみることにしました。

レッグウォーマーも試したんですが、パンツの下でゴワゴワしますし、かといって見えるように履くと私の年齢では辛いんです(笑)

なので、Gパンなどの見えない服装をしばらくしていこうかなと。

今の流行りはショート丈のソックスなので、探すのは苦労しました・・。

ワイドパンツにハイソックスだと確かにダサいです。

でも、今はおしゃれを諦めてでも、ふくらはぎを温めていこうかなと。

というのも、ふくらはぎの温めサポーターは靴下よりも高かったので、とりあえずは靴下で試してみます。

 

ふくらはぎを温めるコツは、出さないことが大事

暖かくなってくると、レギンス履くのを忘れがちです。

今流行りのワイドパンツを素足+ショート丈のソックスだと、足が丸出しに近い状態なので 思いっきり冷えちゃいます。

それを防ぐには、夏でもワイドパンツやスカートの下にはレギンスは必須!

ゆったりGパンの下にはハイソックスを履いた方がいいです。

とにかく、ふくらはぎを風通しのいい状態から守るんですよ。

一番手軽にできる温め方法が、この「ふくらはぎを出さない」という温め方法です。

 

ふくらはぎを温めるためには、お風呂も有効

これは温活全般に言えることなんですが、お風呂はシャワーじゃなく必ず湯船に浸かりましょう。

妊活をしているなら、長湯すぎるのはNGですがシャワーだけも体が冷えるのでNGです。

38℃〜40℃くらいのお湯に5分程度浸かりましょう。

私は42℃が普通だったのですが、それは妊活的にNGとのことなので今は控えています。

湯船に浸かる習慣のない人は、まずは少しの時間でいいので湯船に浸かるようにしてください。

体が冷えていると、ダイエットだけでなく健康にもよくないので冷えはできるだけ取るようにしましょう。

 

ふくらはぎの血流をよくするにはストレッチも大切!

私がよくやっているのは、爪先立ちになってかかとを上げ下げするストレッチです。

要は背伸びを繰り返すということですね。

これを気が向いた時にちょこちょこするだけでも結構変化が出ますので試してみてください。

そのほかにも両足を伸ばして床に座り、足の指を反るようにして起こします。

そうすることで、太ももの裏〜ふくらはぎが気持ちよく伸びていきますよ。

このストレッチの注意点としては、痛気持ちいいところでやめてくださいね。

痛っ!となるようなら、それはやりすぎなのでやめてください。

ストレッチは、痛気持ちいいところでやめるのが、効果をより実感できるコツです。

 

 

まとめ

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほどに大切な場所です。

今流行りの抜け感おしゃれも素敵ですが、足首を冷やしてしまうのでできれば避けてください。

ふくらはぎ〜足首はできるだけ、温めてあげることでダイエットにいい効果を感じていただけます。

もし、妊活を今している人はなおさらです。

体を冷やすのはダイエットや妊活には絶対的にNG。

これから暖かくなり、薄着になっていくので体にとっては冷えやすい季節なので注意が必要です。

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-日記

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.