定番ダイエット

過激なダイエットで痩せる⁈過激な方法で痩せて後悔する理由とは⁈

投稿日:

この記事をよむのに必要な時間: 約624

こんにちわ。西川ゆかりです。

今回は、私の過激なダイエットで痩せて後悔したお話をしていきます。

女性が過激なダイエットで痩せると、体に様々な不具合が出てくるのをご存知ですか?

特に思春期に過激なダイエットをしてしまうことで、将来不妊になったというお話も聞きます。

短期間にパッと痩せられることから、過激なダイエットは魅力的に映ります。

けれど、絶対に手を出して欲しくないダイエット方法なのです。

健康的に綺麗に痩せたい人はぜひ最後までお付き合いください。

 

 

スポンサーリンク

過激なダイエットが絶対にダメな理由は?

年齢が若いほど、過激なダイエットに走ってしまいがちです。

私自身も18歳くらいの頃、過激なダイエットをして大変なことになりました。

1日にパン一つだけとか水分しか取らないとか、今思えばあり得ないような状態を作ってたんです。

その経験も踏まえて、お伝えしたいのは過激なダイエットには手を出さないようにしてくださいということ。

  • 過激なダイエットは不健康の元
  • 過激なダイエットで女性なのに髪の毛が抜ける?
  • 過激なダイエットで生理がとまる⁉︎
  • 過激なダイエットで将来骨粗しょう症のリスク?

さらっとポイントだけ紹介しましたが、これだけでも怖くないですか?

一つ一つ詳しくお話していきますね。

 

過激なダイエットは不健康になる

過激なダイエットによって、一番ダメージを受けるのは胃です

食べ過ぎも胃によくないですが、食べなさすぎても胃を壊します。

私が単純に胃が弱いだけかもしれませんが、食べなさすぎで胃酸過多になり胃を悪くしました。

若い頃に胃酸過多で胃を悪くしてからは、今でもお腹が減ったのをしばらく放置していると胃がキューっと痛くなることも。

不健康には一瞬でなりますが、壊した健康を取り戻すのはとても難しいです。

胃だけでなく、過激なダイエットをしているときは体調が悪すぎて通学もままなりませんでした。

今ダイエットしようと思っている人は、ぜひ健康的なダイエットをしてください。

 

過激なダイエットで女性なのに薄毛になる⁈

髪の毛元となる栄養はタンパク質です。

ダイエットで食事を極端に取らない生活をしてしまうと、髪の毛を作るための栄養が不足してしまいます。

そうなれば、健康なヘアサイクルをキープできなくなってしまい、抜け毛の原因となるのです。

脂質を取りすぎれば、毛穴のつまりなど頭皮の状態を悪化させてしまいます。

けれど、脂質をカットしすぎても頭皮の乾燥を招いて、健康な状態をキープできなくなるんです。

 

過激なダイエットで将来不妊になるリスク

過激なダイエットをして、生理が遅れたり止まったりした経験のある人はいませんか?

人間の体というのは、一度失った機能を完全に元に戻すのは困難です。

そもそも、過激なダイエットに走ってしまうのは、思春期に太りやすくなってしまうためです。

思春期に太りやすいのには理由があります。

女性としての体を作るために、必要なホルモン変化の結果なので焦らなくても、年齢とともに落ち着いてくるのです。

「大人になったら勝手に痩せる」

こんなことを言われたことはないですか?

おかしな食生活をしていない限り、ホルモンバランスが落ち着けば痩せるのです。

「生理が来ない=ラッキー」

こんな風に思っていると、大人になって子どもが欲しくなった時に後悔する可能性もあるのです。

ホルモンバランスが崩れて、無排卵や無月経になったら完全には治らないと言われています。

というのも、女性ホルモンの投与しか治療の方法がないため、治るも治らないもその人次第としか言えないのです。

将来、泣くことにならないためにも過激なダイエットは絶対にやめましょう。

 

過激なダイエットで骨がボロボロになる

成長期はずっと身長が伸び続けていきますが、骨密度のピークは18歳と言われています。

女性が過激なダイエットに走りやすいのは、中学・高校の頃ですよね。

つまり、丈夫な骨を作るために一番大切な時期に十分な栄養がとれない状況が続くとどうなると思いますか?

そうです。骨がスカスカの状態のまま大人になってしまうんです。

そうなれば、そのスカスカの骨から歳を取ればさらに骨密度は下がってしまうので、少し転んだだけで骨折をするという恐ろしいことにもなりかねません。

そうならないためにも、ダイエットは健康的に行う必要があるんです。

 

 

過激なダイエットではなく、健康的に痩せないと意味がない

過激なダイエットを行うと、慢性的な栄養不足になってしまいます。

その結果、体にどんな変化が起きるかというと

  • お肌はボロボロ
  • シワが増える
  • カルシウム不足でイライラする
  • ホルモンバランスが狂って、生理不順になる。

細い=スタイルがいいという時代は終わりました。

今は筋肉をしっかりとつけて、引き締まったスタイルを作ることがトレンドです。

私も筋トレをしていますが、筋トレしてもマッチョにはなれません。

太くなるどころか、産後デーンと大きくなってしまった下半身をスッキリ細くすることができました。

健康的な食生活と、正しい筋トレや運動を行うことがとても大切なのです。

 

 

過激なダイエットで痩せても維持ができない

過激なダイエットは確かに体重は減ります。

私も最大で半月で7kg落としたことがあるので、過激なダイエットが手っ取り早く痩せるのは確かです。

けれど、一生その過激な食生活やりますか?

私の経験上、過激なダイエットからプラス1品でも増やしたら体重は激増します。

そう。リバウンドのリスクが恐ろしく高いのが過激なダイエットなのです。

一生、1日パン一個の生活を続けたら取り返しのつかないところまで体を壊してしまいます。

そもそもですが、過激なダイエットで痩せても綺麗には痩せられないので「ただ不健康に細い人」になって終わりです。

 

 

過激なダイエットは心も壊すって本当?

私のお話を少しだけしていきますね。

過激なダイエットをしたのは18〜19歳の頃です。

この時食べていたのは、二日間でロールパン一個だけでした。

健康被害が出ないわけもなく

  • 胃痛
  • めまい
  • 頭痛
  • 貧血

そしてきわめつけは顔色の悪さです。

「死なないでね?」「そこまでして痩せる意味ってなんなの?」などなど、友人からも散々言われていました。

でも、ここまでくると、もう「食べる=太る=嫌だ」という式が成立してしまっているので、食べることは不可能だったんです。

自分でもあの時の状況がダメなことくらいはわかっていました。

けれど、食べ物の匂いで吐きそうになっていたので、完全に元に戻すまでに1年くらいはかかりました。

きっかけはダイエット中の友人関係のトラブルです。

でも、その些細なきっかけから、食べることを拒むまでになってしまいました。

過激なダイエットで手放すのは、健康な体と健康な心です。

そして過激なダイエットで得たのは、痩せるという対価。

そんな状況でも、痩せていく自分を見て嬉しかったのは事実ですから。

過激なダイエットが心を壊すというのは、本当だと思います。

不健康な自分をみて、変に思わない時点でダメなんですよね。

自分の経験からですが、過激なダイエットは絶対にしないことをおすすめします。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

過激なダイエットについてお話ししてきました。

「食べなきゃ痩せるんでしょ?」

そんな風に思っているなら、今すぐにその考えは改めてください。

ダイエットは、バランスのとれた食事と運動を行うのが重要です。

特にタンパク質は取らないと絶対にダメなので、食べない過激なダイエットはやめましょう。

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-定番ダイエット

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.