ダイエット

中学生のダイエット方法!簡単でキレイにスリムになるには?

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約63

こんにちわ。西川ゆかりです。

中学生と言えばとてもデリケートな時期ですよね。そんな時期に太っているということで、自分に自信を無くしてダイエットを決意した人も少なくないのではないでしょうか?

  1. 体重が多く、明らかにぽっちゃりしている
  2. 適正体重なのに、スタイルに悩みがある

この2つのパターンのどちらなのかでダイエット方法は変わってきます。

正しい方法でダイエットを行うことで、結果がびっくりするぐらい違います。

間違ったダイエットを行ってしまうと、生理が止まってしまったり骨が弱くなってしまったりとろくなことがないので、しっかりと正しいアプローチを行ってくださいね。

スポンサーリンク

思春期のダイエットは注意が必要

一つ質問してもいいですか?

ダイエットと言えば、どのようなイメージですか?

ご飯を食べない=ダイエットだと思ったそこのあなた。最後までしっかり記事を読んで認識を改めてください。

食べないダイエットは体を壊すだけじゃなく、心まで壊してしまいます。

10代の栄養失調は先々にとても大きな影響を及ぼしてしまうのです。

テレビのダイエット方法には要注意!
  • これだけ食べればやせる!
  • 1ヶ月で10キロやせた!
  • 食事制限なしで痩せる!

これは都合のいい面だけをみた半分本当で半分嘘なんですよね。

例えば、よくあるのがご飯やパンなどの糖質制限をすればあとは何食べても痩せるというもの。

あれも半分本当で半分嘘です。

糖質は確かに取りすぎれば太りますし減らせばやせます。

ですが、その分こってりとしたお肉(カルビなど)をたべていいかと言われればそれは違います。

特に成長期は糖質は必要ですからね。

つまり、大人のダイエット方法と中学生の成長期に行うダイエット方法は違うということです。

中学生が行うべきダイエット方法とは?

さて、ダイエットしたい中学生が気にして欲しいのは、ご自身の適正体重です。

大人はBMI指数というのを基準にしますが、中学生はローレル指数という基準となります。

ローレル指数=体重(kg)÷身長(cm)3×107

100未満  やせ
100〜115未満   やせぎみ
115〜145未満  正常
145〜160未満   肥満ぎみ
160以上  肥満

引用:子供の肥満チェック

これで計算してみてください。(面倒であれば、引用先でチェックできます。)

150cmでやってみると、39kg〜48kgが正常の範囲内ということになります。

ちなみに体重が33kg以下となるとやせすぎなので、せめて40kgまでは増やす必要があります。

逆に50kg以上あるのであれば、ちょっと食事に注意が必要ですね。

体重が48kg以上の中学生が行うべきダイエット方法

まず自分の基礎代謝量を知るところから始めましょう。

基礎代謝量の計算方法

女性:665+ 9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]-7.0×年齢

男性 :66+13.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]-6.8×年齢

これで、自分の基礎代謝がわかります。

例えがないとわかりづらいと思って13歳150cm48kgで計算してみると、1289kcalでした。

これは、寝ていても必要なカロリーなので、この数字を下回ると体が飢餓状態(死ぬ!と体が思うこと)になり余計に太りやすくなってしまうんです。

中学生は体をまだまだ作る時期ですから、しっかりとカロリーを取る必要があります。

なので、目安のカロリーとしては、2000kcalとなります。

このカロリーを目安にバランスのいい食事を心がけましょう。

バランスのいい食事とは?

糖質・脂質・タンパク質をバランスよく食べることが大事です。

成長期ですから、主食を抜くのはNGです。おかわりはせずにお茶碗1杯分ぐらいにとどめましょう。

タンパク質と言えば、お肉ですが・・

「お肉はカロリー高い」
たしかにそうですが、低糖質高タンパクなダイエット向きな食材でもあるんです。

タンパク質がとれる食材
  • 植物性・・豆乳・豆腐・大豆など
  • 動物性・・お肉(鶏・豚・牛のモモ)・牛乳など

これらをバランスよく食べることが大切なのです。

そして、野菜をしっかりと摂りミネラルの摂取も忘れないようにしましょうね。

体重が48kg以下の人が行うダイエット方法

さて、体重は標準なのにスタイルに不満があるという場合は運動が大切になってきます。

  • お腹がぽっこりしている
  • 脚が太い
  • お尻が大きいのが気になる

このような悩みは、筋力不足が原因なんです。

「筋肉なんかつけたら余計に太くなる」

この誤解は、多くの女性が持っていますよね。筋肉をつけても太くはなりません。

  • 筋肉をつけることで、お腹はへっこみます
  • 筋肉をつけることで、脚は細くなります
  • 筋肉をつけることで、お尻は小さくなります。

陸上選手はすごくスラッとしたスタイルをしていますよね。究極はあんな感じです。

家で親にバレずにこそっとできて、効果もあるトレーニングをご紹介しますね。

家でお金かけずにできるトレーニング方法

女の子の悩みの多い順で、お腹・太もも・お尻のトレーニングをご紹介します。

ここに関しては、大人でも一緒なのでぜひママと一緒にやってみてくださいな(笑)

お腹のトレーニング

お腹のトレーニングに最適なのは、腹筋ではなくプランクです。

プランクは全身を引き締められるトレーニングで、メインは体幹(体の真ん中部分)を鍛えられます。

家に手頃なマットがなければ今100均でもヨガマット売ってるので、それ使ってみてください。

何もなしだと、肘が痛いです・・。

最初はアレンジなどなしで、10秒できれば上出来です。

無理のないように行ってください。

脚のトレーニング

脚はもうスクワット以外ないです。

スクワットも全身運動なので、やるのとやらないのは大違いです。

こちらも最初は1セット10回から始めてください。

気が向いた時にやるだけでも全然違いますよ。

お尻のトレーニング

お尻がプリッとしていると、それだけでスタイルがよく見えます。

ジーパンがおしゃれにきこなせるようになります!

これも無理のない範囲で行ってください。

毎日2分早く起きて、朝ベッドの上で行うのもありですね。

私は寝る前と朝起きてから行っています。

まとめ

  • 成長期のダイエットは慎重に。
  • 自分のベスト体重を知ろう!
  • 体重が多いなら食事の見直し。そして体重が多くないなら運動で引き締めて!

ダイエットがしたいのに、毎日お菓子とジュースを口にしているならまずそれをやめましょう。

毎日のお菓子とジュースをやめるだけで、おそらく体は変わります。

ご飯抜いてお菓子を食べるのは絶対にNGです。

私も10代の頃やっていましたが、ちゃんと知識がついてからものすごく後悔しました。

10代にちゃんと体を作るのは大事なことなのです。

正しい方法で、理想の体をつくりましょうね!

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-ダイエット

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.