ダイエット

意外なダイエットの真実!意外なOK調味料とNG調味料とは

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約647

こんにちわ。西川ゆかりです。

「ダイエットするから○○好きだけどやめなきゃな」

私も思います。

  • オイルのあるものよりはノンオイル
  • マヨネーズは厳禁
  • お肉食べたら太る!
  • でもお腹減るから野菜でカサ増し

これは、ダイエットする上ではある意味常識ですよね。

でも、これらがNGだって知ってましたか?

テレビでもやっていましたが、これが原因で痩せないパターンもあるんです。

 

今回は、このある意味常識的な考えが違うかもしれないことについて書いていきます。

 

これが、OKだと言われたら嬉しくないですか?

 

スポンサーリンク

調味料の落とし穴

ノンオイルドレッシングがダメ?!

ダイエットの定番といえば、ノンオイルドレッシングですよね。

 

でもオイルがある方がいい場合もあるんです。

 

ちょっとダイエットの基本に立ち返ってみましょう。

私がおすすめしているダイエットには二種類あります。

 

ローカーボダイエットとローファットダイエット

 

一言で違いを言いますと、糖質を減らすか脂質を減らすかです。
これはどっちがいいとかではなく、人によって合う合わないがあるので
ご自身に合う方を選んでくださいとしか言えないです。

 

私の個人的な意見でいくと、ローカーボがおすすめです

 

というのも、元々あんまり白ご飯が好きでなくて、
ダイエットには向かないですが、ご飯よりはパン派です。

そして、魚よりはお肉派で、もも肉などの赤いお肉が大好きです。

そうなってくると、脂質を減らすストレスよりも、糖質を減らす方が向いてるんですね。

 

逆に白ご飯を食べないなんて無理!っていう人には脂質を減らすのをおすすめします。
すいません…ローファットに関しては、詳しくないのでかけないです。

なので、今回は糖質オフの視点から見ていきますね。

そこで、ノンオイルドレッシングのお話ですが、オイルを省くことで糖質が増えるんです。

「なんで??」

一度自分でドレッシングを作ってみたらわかると思うのですが

レモン果汁と塩胡椒だけだと、なんか物足りないですよね。

ドレッシングにはオイルが必要なのです。
ないと美味しくないんですもん。

なのに、ノンオイルドレッシングって美味しいですよね。

じゃぁ何が入ってるんでしょうか?
それは、お砂糖(糖質)です。

オイルを省く分、糖質で味を補強しないと美味しくないですから。

糖質だけの問題ではないです。

オイルがないと、せっかくのサラダのビタミンの吸収率が下がってしまうのです。

オイルって大事なんです。

そして、もう一ついうなら、ドレッシング手作りしてみませんか?

手作りを食べて、市販を食べるとその味の濃さというかしっかり具合にびっくりします。
「このぐらいかな」と思って入れる調味料の倍は入ってるんですよ。

 

つまり、ダイエットするならドレッシングを手作りすることで糖質カットは可能です。

マヨネーズがOK?!

マヨネーズって美味しいですよね。

私もずっとカロリーオフのものを使っていたのですが
ノンオイルドレッシングと同じで、それもNGと聞いた時はショックでした。

カロリーオフじゃないと太るというよりも
カロリーオフでも美味しいし。ぐらいの感覚でした。

でも言われてみればそうですね。

油分をオフしていても美味しいってことは、余計な糖質を足してるって事ですもんね。

 

なので、量を調節して普通のマヨネーズを食べてみてください。

 

量を調節して。

 

ここが大事ですよ。

おデブちゃんにありがちな、サラダにマヨネーズドバドバはダメですよ!

調味料の糖質量

糖質が少ない調味料 糖質が多い調味料
料理酒 砂糖
粒入りマスタード ハチミツ
ポン酢 みりん
玄米黒酢 コチュジャン
米酢 テンメンジャン
濃い口醤油 カレールー
ゆず胡椒 すし酢
白ワインビネガー 甘い味噌(白味噌など)
薄口醤油 中濃ソース
りんご酢 ケチャップ
チリペッパーソース チリソース
豆板醤 ウスターソース
マヨネーズ 顆粒だしの素
穀物酢 固形コンソメ
液体の昆布だし めんつゆ(三倍濃縮)
液体の洋風だし オイスターソース
バター バルサミコ酢
出汁(かつお、煮干、鳥がら)  
 
 

引用:MFS

どうですか?

この糖質の多い調味料よく使いませんか?

 

マヨネーズは太るけどケチャップはトマトだし。

でも、ケチャップの方がダメなんですよね。

中華を作るときに欠かせないオイスターソースも糖質が多いですね。

 

でも、別にこれらをとってはダメという話ではないです。

糖質の少ないものを活用して、多いものはできるだけ控えるか
量を減らしましょうという話です。

せっかくごはんを選んで、糖質カットしているのに
調味料で糖質をとっていたら、残念ですもんね。

ダイエットの落とし穴として、調味料を見直してみましょう。

 

お肉食べてー!

お肉は敵ではなく、ダイエットの味方です。

 

もちろんカルビやタンではなく、もも肉ですよ。

 

もも肉もちゃんと調理すれば美味しいんです。
おすすめはブロック肉を低温調理でローストビーフにすること。

器具なんかなくても簡単です。

下味をつけたブロック肉の全面を焼いて、
ジップロックに入れて、お湯と一緒に炊飯器に入れて保温ボタン押すだけ。
そのまま45分〜60分放っておけば完成です。

 

この時間の差は好みです。

レアが好きな人は45分でいいですし、しっかりがすきなら60分です。

そして、タレをつくって食べればいいだけなので簡単です。

これ低糖質で満足感もあり本当におすすめなんです。

卵もおすすめ

うちのトレーナー曰く、たまごはアミノ酸スコアがいいからおすすめだそうです。

一個あたりのカロリーもそこまで高くないですし
ゆで卵で食べれば、すごくお手軽です。

調理方法も様々ありますので、毎日食べても飽きません。

 

昔、コレステロールが高いから1日二個までとか言われてましたけど
あれ、間違いなんです。
別に何個食べてもいいらしいので、積極的にとりましょう

 

野菜でカサ増しもダメなの?!

これもダメというより、程度のはなしです。

 

食物繊維は取りすぎると、逆に便秘になってしまうので注意が必要なんです。

 

野菜は太らないと思って食べ過ぎると、野菜にも糖質の多いものはありますので
色々な面で注意が必要なのがこの「野菜でカサ増し」です。

個人的に感じているのは、野菜でカサ増ししなくても
お肉や卵そして油をしっかりととれば、カサ増ししなくても満足できます。

 

もう十年以上夜に白ご飯はたべてないですが、我慢はしていないです。

 

そのカットしたカロリー分お肉類を食べているので、
食事に対する満足感もしっかりあるのです。

なので、過度な野菜でカサ増しはしないほうがいいですよ。

まとめ

  • オイルは大事
  • ノンオイルで美味しい=糖質が増えている
  • 適量ならマヨネーズもOK
  • 調味料の糖質量は大きな落とし穴
  • カサ増しするよりも、しっかりとタンパク質をとりましょう

 

私も食事には毎回悩まされています。

旦那や子供のご飯もと考えると、そこまで極端なこともできません。

私だけ別メニューとかにしてしまうと、旦那が食べにくくなってしまうので。

 

なので、一緒にできることといえば、調味料を見直してみたり
メニューをすこしでも和食を増やしてみたりということぐらいです。

 

食べ過ぎはもちろんダメですが、極端なダイエットメニューにしなくても痩せられるんです。

 

旦那や子どもと一緒のものを美味しく食べれて痩せられたらいいですよね。
ママが綺麗になったら、旦那さんも今以上に優しくなるかもしれないですし
子どもさんのお友達から「○○ちゃんのママキレイでいいなー」と言われるかもしれません。

 

私も「キレイなママになる」というのが一つの目標なので、一緒に頑張りましょう!

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-ダイエット

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.