運動

心拍数ダイエットで痩せる!最新アイテムで簡単コントロール

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約531

こんにちわ。西川ゆかりです。

今回は、心拍数ダイエットについて書いて見たいと思います。

心拍数を正しくコントロールすることで、ダイエットが効率よく行えるんですよ。

同じしんどい運動をするなら、結果を早く出したくないですか?

私もやっていましたが、心拍数ダイエットは痩せます。

というよりも、運動効果を最大限引き出せるといった方がいいのかもしれません。

それでは、やり方を見て行きましょう。

スポンサーリンク

心拍数ダイエットってどうやるの?

日頃からトレーニングをしている人なら、すでに取り入れている人も多いと思います。

自分自身の心拍数をリアルタイムに知ることで、適正な運動負荷をかけることができるんです。

運動負荷というと、何も筋トレだけの話ではないですよ。

例えばランニングをしているとしましょう。

心拍数がわかれば、もっとペースをあげようとかペースを落とそうとか調整ができます。

ただ、やみくもに「キツいなー」と思いながら走るよりも心拍数をコントロールすることで、

脂肪を燃焼しやすい心拍数をキープすることができます。

心拍数ダイエットの基本となる計算式があるんです。

目標心拍数=(220-年齢)×0.6

この計算式で出た心拍数をキープするように運動するのが心拍数ダイエットです。

どうやって心拍数を測るの?

さて、それが一番の問題ですよね。

ジムに通っている人なら、ランニングマシンに心拍計がついてます。

サイドの手すりについていることが多いのですが、私はあれ苦手なんです。

なぜかというと、ずっとあそこを握っていないといけないので、すごく走りづらいんですよ。

最初は、心拍数が大事なのはわかったけれど、あれをずっと握ってるのはやりづらいなぁ。なんて思っていました。

たまたま電気屋さんに行った時に、ウェアラブルテクノロジーに出会ったんです。

これが、すごい便利でジムに通い詰めている時には、大活躍してくれました。

ウェアラブルテクノロジーってなに?

ウェアラブル=身につけるという意味だそうです。

というのも、実際に使っていてもウェアラブルテクノロジーということを知らなかったんです。

私が使っていたのはこれなんですよ。

https://www.fitbit.com/jp/home

なんで、これだったかというと、値段が手頃で見た目がおしゃれだったからです。

機械に詳しくなくて、アスリートでもなければ選ぶポイントなんてそんなもんでしょ(笑)

これ本当に便利で、トレーニングの時に、身につけることで色々なことが計測できます。

  • 心拍数
  • 活動時間
  • 消費カロリー

などを計測してくれます。

また睡眠中に身につけることで、睡眠サイクルも計測してくれます。

ウォータープルーフなので、一日中つけることが可能。

そして、管理方法はスマホやPCとbluetoothで連動することができます。

連動させることで、リアルタイムの数字はもちろん過去のデータを見ることもできます。

そうすることで、自分のトレーニング負荷を正確に管理することが可能なんです。

ウェアラブル端末を使うと効果あるの?

はい。ぜひ使うことをお勧めします。

「ジムのマシンについてるやつじゃだめなの?」

んー使いづらくなければ、あれでもいいんですけど、難点が一つあります。

それは、データを保存することができないので、後で見比べることができないんです。

やっぱり、自分の体感としてのしんどさと、実際の心拍数や消費カロリーを見比べることで

「ちょっと前はこのくらいだったのに、心拍数同じでも負荷が上がってる」

など、自分のトレーニングの指針にできるので、かなりおすすめできます。

ちなみに、睡眠サイクルに関しては、やってみましたけどよくわからなかったです。

寝る時に腕についていると、気になって寝づらかったので、私はすぐやめちゃいました。

でも、運動している時だけでも十分価値があります。

安いモデルだと1万円ぐらいで、買えるのでぜひやってみてください。

 

このモデルで13,000円ほどなので、お試しするにはちょうどいいかもです。

画面がでかいやつと私も悩んだんですが、結局スマホでデータは見るので小さくても十分でした

画面が大きい方が時計っぽくておしゃれですけど1万ぐらい高くなると・・いいかなと(笑)

心拍数ダイエットの効果は?

心拍数を取り入れる時と、取り入れない時の差は結構ありました。

同時期に有酸素運動の時に、アミノ酸サプリを取り入れたのでそれの効果もあると思います。

私は有酸素運動にはトレーナーをつけていなかったので、トレーニングメニューを組むのに

このウェアラブル端末は必須アイテムでした。

というのも、これがないと「しんどいからやめよう」ってなっちゃうんです。

でも端末で管理していると、「もうちょっとがんばろう」って思えるんです。

データが溜まっていくのが大きいです。

「この日頑張れた」って思えたら、次もがんばろうって思うじゃないですか。

それの繰り返しで、これを取り入れてから2キロすぐ落ちました。

妊娠せずに続けてたらもっと減っただろうなあとは思いますね(笑)

娘の保育園が始まって、ジム再開できたらまた使う予定です。

まとめ

  • 心拍数ダイエットにウェアラブル端末は必須
  • 心拍数ダイエットは効率的に痩せれる
  • 適度な負荷を知ることは大事
  • 明確なトレーニングメニューを知ると目標を立てやすい

 

どうせしんどい運動をするのであれば、効率的にやりたいじゃないですか。

私は運動・・特に有酸素運動が大嫌いなんです。

でもダイエットには筋トレと有酸素運動のバランスが大事

(最近は、有酸素運動をあんまりやると、筋力が落ちる説もありますが・・。)

となると、嫌いな有酸素運動をするなら、効率的に痩せたい。なんかないかなーと探したところ

このfitbitを見つけたんですよねー。

だから、運動嫌いだけどやんなきゃなーと思ってる人にこそおすすめしたいです。

これから、本格的な冬になると、美味しいものが増えます。

冬太りをしないためにも、効率よく運動していきましょう!

寒い季節には、お家の中でできる運動がおすすめですよ。

バランスボールで骨盤ケア!ダイエットと体幹ケアの効果とは

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-運動

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.