ダイエット

ダイエット中の食事方法とは。食事への考え方の重要性

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約639

ダイエットをしようと思って、最初に手をつけようと思うのはみなさん「食事」ですよね。私もなんども食事制限のみのダイエットを繰り返してはリバウンドをして、試行錯誤を繰り返してきました。

私は最大40キロのダイエットに成功した経験を持っていて、太ってしまう人も気持ちも、痩せたい人の気持ちも痛いほど知ってます。

「痩せたい!」
「食事を減らして食べてないのに痩せない」
「今日ぐらいいいか・・・でも太ったら怖いなー・・」

こんな気持ちを繰り返しながら、今はなんとか普通体型を維持できているので実体験を元に、食事全般の考え方について書いていきます。

スポンサーリンク

「食べなきゃ痩せる」

 

結論から言いますと、絶対にやめてください。

一昔前はこんな無茶苦茶なことが当たり前のように言われていました。

◯◯を食べなきゃ痩せるとか逆に◯◯を食べたら痩せるとか色々言われてますが、極端な事を言いますと、「健康に」という部分をどうでもいいとするならば、炭水化物をたべなきゃ簡単に痩せます。

炭水化物を抜く事で、体の水分が抜けやすくなるので一時的に体重はスッと落ちるんです。何度か炭水化物ダイエットを繰り返してるうちに体重減らなくなったという経験をした人も少なくないと思います。

人間の体は慣れちゃうんです。ただ、厄介な事に人間の体は一度太るとその太った体重に戻そうとする機能のせいで、食事だけのダイエットだと太りやすくなります。

なぜなら栄養士さんでもつけてない限り、栄養バランスには限界があります。

よくあるのが、キャベツだけ・こんにゃく食べるなど徹底的にカロリーを落として痩せる方法。

この大人になればダメだとわかる方法でも、10代の頃は手を出しちゃうんですよね・・私もやりました(笑)

でも結局待ってるのは、今考えたら当たり前だけどリバウンドです。

摂取カロリー<消費カロリー

こう書いちゃうと、間違った方向に行きそうなのでちょっと待ってください。

ダイエットしたことがある人なら誰もが思うのはカロリー制限。

「そんなこと言われなくても知ってるわよ」

でも結局はそれしかないんです。

人間の体は正直ですから、水飲んでも太るはありえないんです。

ダメな例としてちょっと献立を書いてみますね。

朝;コーヒーとパン

昼;サラダ

夜;サラダとスープ

ちょっと極端ですが、これダイエット始めたばかりの女性がやりがちなやつです。

気合入るのはわかるのですが、これじゃ筋肉がなくなってしまいます。

筋肉は維持するのにもエネルギーを使いますから、飢餓状態になった体はまずエネルギーをつかっちゃう筋肉をなくして、なんとか飢餓状態を乗り切ろうとします。

ダイエットにプロテインは必要?筋肉を減らさない方法とはこちらの記事も参考にしてみてください。

そして一番怖いのが、まともな食事をとったときに体が一生懸命吸収してダイエット前よりも太ってしまうこと。

今書いてて、耳がいたいのは、自分自身が全部やってきたことなんですよ。

食べないダイエットをやって一時的に痩せて、また食べてリバウンド…これを何回繰り返したかわからないです。

ダイエット=生活改善

食事が一番大事なのですが、「ダイエット時の食事」「ダイエット終了時の食事」と分けることがまず間違いなんです。

私が一番大きな時で158cm・95kgありました。

そして一番痩せた時が158cm・49kgで今が158cm・55kgです。

食事内容は当然全く違います。

まず95kg当時は・・・とりあえずありえない程に食べてました(笑)

中学生で父親と同じメニューを平らげるぐらいです。

その後も年齢を重ねるごとに量は当然増える。

飲み物は当然ジュースで食後のデザート当たり前そして食べるのが早い。

量の凄さは「今考えれば」です。

意外かもしれないですが、太ってる当時は自分がいっぱい食べてる事に気付いてないです。むしろその逆で「私あんまり食べてないのに太る」と真面目に思ってました。

一番痩せてた49kgの頃は周りの友人などに心配されるぐらい食べてなかったです。

ちょうどその頃一人暮らしをしていて、自分だけの食事を用意するのが面倒すぎたんです。

何食べてたか思い出そうとしても思い出せないぐらいです。

豆腐とか納豆とかさっと食べられるものばかり食べてた気がします。

家の冷蔵庫にはお水くらいしか入っていなくて風邪をひいて寝込んだりすれば

丸2日食べないなんてザラでした。

そして今は子育てしながらなのでちゃんとしっかり食べてます。

ごく普通の一人前ぐらいです。

こちらのサイトを使えば簡単にどれぐらいカロリーを減らせばいいかがわかります。

身長・性別・身体活動と現在の体重と目標体重を入れれば計算してくれます。

大事なのは筋肉じゃなくて脂肪を落とすこと。

そして計算したカロリー内ならタンパク質の多いものを食べる。

例えば普通のサラダを食べるなら、蒸し鶏のサラダや豆腐サラダにしてみる。

お肉を食べるならバラ肉よりももも肉にする

おすすめは鶏の胸肉です。ささみでもいいのですが、コスパ的にはむね肉最強です

オススメメニュー

 

この間テレビでやっていた胸肉をジンジャエールとお塩につけて15分置くと柔らかくなるというのを試してみたら、本当でした。

胸肉と思えないぐらいしっとり柔らかになって、ジンジャエールの味も残らないのでおススメです!

今までは鶏ハム一択だったので、バリエーション増えてちょっとテンションあがりました。

鶏ハムは冷凍できるジップロックに下味とオリーブオイルを塗った胸肉を入れて、熱湯を入れた炊飯器に入れて保温して一時間放置するだけです。

これ一番楽で美味しいんです。もちろん皮は捨ててください(笑)

美味しいですけどね・・・ダイエットには不必要です。

こういう鶏肉メニューに付け合わせとして、サラダを足してあげるとミネラルもとれて一石二鳥ですよ。

大事なのはマインド

 

何度もリバウンドを繰り返して学んだことはマインドって大事だということ。

最近の筋トレブームで「チートデイ」というフレーズを聞いたことがある人もいると思うんですが、あれは普段ストイックにやってる人だからこそです。

週に1日「ぐらい」いいか。

これマインドがしっかりしてないと週に2日・3日・◯◯したからいいよね。などどんどん「いいわけ」が増えて結局ダイエットはどこかに行ってしまいます。

 

何のために痩せたいのか

いつまでに痩せたいのか

 

せめてこの二つは自分の中でしっかり認識してないときっと続かないです。

 

「周りみんな細いし痩せなきゃな」

 

ぐらいのふわっとした気持ちなら食べるの大好きな人は続かないです。

なぜなら大好きな食事を我慢して辛い思いをしてまで痩せる理由としては弱いから。

例えば結婚式までに痩せる!と決めたら結構みんな成功してますよね。

このマインドの話は食事にも通じるのですが、炭水化物を食べてないからカルビが食べれらます!みたいなこの考え方が大嫌いです。

たしかにそうなんですけど、その根本の「脂っこいものが欲しい」という部分を改善してみてくださいとお願いしたいです。

長くなりすぎるので、記事を分けますが脂質とタンパク質は必要です。

必要ですが、とって欲しい脂質とダメな脂質があるんです。

記事のリンク

 

まとめ

 

  • ダイエット=食べないは卒業してください
  • 正しい食事=多種類のタンパク質を取る
  • 自分に甘い言い訳はやめる
  • ダイエット=生活改善

 

食事の基礎としてはこんな感じです。

でも結局は夜ご飯を軽くするところから始めると楽チンです。

でもいきなり18時以降は食べないとかってやってしまうと、続かないです。

 

お仕事してると、難しいですもんね。

21時以降は食べないぐらいから始めて、夜は主食ぬきぐらいから始めるとやりやすいかなと。

私はもう10年以上夜は主食ぬきです。夜に主食たべると驚くほど太ります。

 

夜は寝るだけなので、軽くを基本に考えてみてください。

 

そのほかの記事も参考にしてみてください。

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-ダイエット
-

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.