日記

ダイエットによる習慣の変化とは?痩せると生活は変わります

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約451

こんにちわ。西川ゆかりです。

さて、ダイエットする前とした後生活は変わると思いますか?

私の場合ですが、まるっきり変わりました。

痩せたら人生変わった!地味デブだった私のダイエット成功話!

そして、変わったのは周りの対応だけではありません。

自分自身の生活習慣もガラッと変わりました。

  • ダイエットをすれば変わるのはわかってるけど、モチベーションが上がらない
  • 目の前の食欲に負けちゃう
  • 運動したけど、痩せないから心が折れた

こんな悩みを持つ人にこそ、この話を読んでほしいと思います。

50m12秒台だった私でも、運動習慣を身につけダイエットに成功することができました。

小さなきっかけでいいので、モチベーションをあげてもらえたらなと思います。

スポンサーリンク

痩せたら自分の何が変わった?

まず、人格が変わりました。

人と会っても下を向いてあまり話さなかった私ですが、痩せてからは「明るくて社交的でいいね」と褒められることが増えました。

そして、痩せる前は知らない人に道を聞かれることなんてなかったのに、今ではしょっちゅう聞かれます。

つまり、人当たりというか他人が思う印象そのものが明るくなり、「この人だったら話しかけても優しくしてくれそう」と思ってもらえるようになったということです。

ありがとうが増えた。

ダイエット前は、ため息や「すみません」が多かったのですが、今はため息をつくことがなくなりました。

そして、場面にもよりますが別に意識をしなくても「ありがとう」と言えるようになりました。

昨日かな?ネットニュースでみたんですが、今学校で「ふわふわ言葉とちくちく言葉」というものを教えているそうです。

ふわふわ言葉 ちくちく言葉
ありがとう バカ!
頑張ってるね あっちいけ
すごいね うるさい!
かっこいいね 死ね!

私は、完全なるネガティブデブだったので、当時もこのちくちく言葉というものは言わなかったです。

その代わりに「でも」「けど」「だって」「私なんか」というネガティブワードは非常に多かったのを覚えています。

そして、このふわふわ言葉なるものは言えなかったです。

自分自身が優しくされてなかったので、人にも優しくできなかったんだと思います。

そういう部分も、ダイエットで落としたお肉ちゃんと共にどこかに捨ててきました(笑)

痩せて変わった生活習慣は?

これも思い返すとたくさんあるのですが、その中からいくつかお伝えします。

電車の椅子にこだわらなくなった

デブ時代は、もうそれはそれはおばちゃんか!ってぐらいに必死でした。

電車の扉が開いたら、真っ先に空席を探して座る。

周りにお年寄りがいるかどうかなんてみてないです。

そんなことより、自分が立ってるのが無理だったのでそれは必死でした。

今は、座れたら座りますけど、開いている席を探したりはしなくなりました。

エスカレーターに並ぶ

デブ時代は、あのエスカレータの「歩かなくていい方」の列に絶対並んでいました

歩く方や階段を使えば、半分の時間でいけるにも関わらず絶対並んでいましたね。

今は、特に気にしないので空いてる方を使います。

さすがに、娘を抱っこ紐で連れているときは、しんどいので並びますが(笑)

ちょこまか動きが多くなった

デブ時代は、手を伸ばせば全てのものが手に入る状態にしていました。

リモコン・ティッシュ・飲み物・お菓子などなど。

自分が動くのを極力少なくできるように配置をして、当時は実家だったのでなにか欲しいものがあれば、母に「あれ取ってー」と取ってもらってました。

今は、「今必要なもの」だけを取りに行くようになったので、無駄な動きが多くなったと言えばそれまでなのですが、必要な時に必要なものを歩いて取りに行けるようになったのです。

無駄な動きに思いますが、ちょこちょこ動きはカロリー消費に繋がるんですよ。

ジュースを飲まなくなった

本当に、何がそんなに美味しかったのかとあの頃の自分に聞きたいぐらいです。

今でもたまにカフェオレは飲みますが、それ以外のジュースは欲しいとさえ思わなくなりました。

だって、喉が乾いてるから水分が欲しいのに、ジュースを飲むと余計に喉が乾くんですよ。

たまにお出かけした時なんかに、フレッシュジュースは飲みます。

あれは美味しいですが、普段お店で買えるジュースは美味しいと思わなくなりました。

これも水を飲む習慣がついた成果かなとは思いますね。

水ダイエットのコツとは?上手く水分摂取して痩せる方法。

お菓子の食べ方が変わった

前は、開けたら最後食べきっていたんです。

ポテチでもなんでもそうですが、開けたお菓子を置いておくということができませんでした。

でも今は、そもそもそんなにいらないので買わなくなりました。

時々、子供用の5連パックになっているお菓子を買って、娘と一緒に食べるぐらいです。

今でもちんすこうやハッピーターンなどのお菓子は大好きなので家にストックはあります。

でも全部ファミリーパックの中が小包装になっているものです。

「1日1個」と決めてそれ以上は食べないようにしています。

まとめ

  • ダイエット前と後では、性格が全然ちがう
  • ダイエット前と後では、生活習慣も違う
  • 太るときは太る習慣が、痩せるときは痩せる習慣が身についている

私の体験からわかる通り、理由もなく太っている人はいません。

おデブちゃんはおデブちゃんの習慣があるということです。

つまり、身近にいるスリムさんの行動を真似するのが一番早いんじゃないかと思います。

できることから、試してみるのが一番ですよ!

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-日記

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.