ダイエット 体質改善 妊活(不妊治療)

妊活に最適なダイエット!痩せと体質改善のWの効果を目指そう!

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約76

こんにちわ。西川ゆかりです。

妊活を始める時にダイエットを意識する人はどのぐらいいるのでしょうか。

私はというと、妊活開始時はすこしリバウンド期だったのもあって、
BMIで25ぐらいのおデブちゃんでした。

 

別に医者に何かを言われたわけでもないし、私自身も大して気にもしてなかったのです。

夫も何も言わないし、服が入らないわけでもなかったので
ダイエットの必要性なんてさらさら感じてなかったです。

後になって、さっさとダイエットしとけばもっと早く結果がでたのかな?ぐらいは思いました。

 

でも、あまり後悔しないタイプなのでそこまで深くは考えませんでした。

なぜなら、終わったことを考えるのは好きじゃないんです。

 

でも、今から妊活を始める方でBMIで25とかそれ以上の人はダイエットしてください!!

 

結果がきっと変わってきます。

それがなぜなのか、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

妊活にベストなBMIは?

「よし!じゃあダイエットするぞ!!」

ちょっと待ってください。

目指す体重は目的によって設定しなければならないのですが、
妊活にベストなBMIはご存知ですか?

 

「BMI22以上を目指してください」

 

一般的にはこう言われていますね。
私が実際妊娠したのはBMIで言う所の22〜23ぐらいでした。

 

この時は筋トレや栄養もあくまで「妊活目線」ではなく「トレーニング目線」で
考えていたので、それもあったのでしょう。

 

でも25から22ぐらいに落としたら、排卵誘発剤+HMGが当たり前だったのに、
誘発剤の飲み薬だけで十分な効果が出るようになっていました。

 

友人はすごく細くて、高度治療をする際に医者に「太ってください」と言われたそうです。

つまり、BMIは低くても高くてもいけないのです。

 

妊活に最適なダイエット方法は?

実際、BMI30から25に落とすのと、25から22に落とすのとでは、
努力の質というか、大変さがだいぶ違います。

 

「小デブ」と言われるところまでは少しの努力でどうにかなるのです。

 

もちろん「健康」を度外視にしたダイエットならどこまでもおとせますが、
今回の妊活に置けるダイエット絶対にそれじゃダメです。

「細くなる」ことが目的じゃなく「妊娠すること」が目的なので、
手段と目的を履き違えたらダメな方向に向かってしまいますので注意しましょう。

 

では、妊活のためのダイエットは?と聞かれたらもう王道しかないのです。

「食事管理+運動」

妊活は病院通いだけではないです。
食事に求められるのは、適切な栄養管理です。

タンパク質を多く摂取し、糖質を少なめにする。

 

これだけでもゆっくりと効果は出ます。

ですが、無理のない範囲で運動をしてあげることで、適度な筋肉がついて代謝が上がります。

 

代謝があがると体温が上がりますから、妊活の敵である「冷え」にも打ち勝つことができます。

体温が上がると痩せる

実際、私が22まで落とした時の話を少ししますね。

一年ぐらい加圧トレーニングをしていました。
それと並行して、ジムでパーソナルのウェイトトレーニングのメニューができたので
興味本位でやってみることにしたのです。

これが大成功で、すっかりハマってしまいました。

トレーナーがボディービルではなく、女性らしい綺麗な体を目指していたのも大きいです

 

楽しく運動している中で、筋肉が付きなんと低体温が治ったのです!
これは全く想定していなかった効果だったのです。

 

36℃あるかないかだった体温で、ひどい日には35℃前半まで下がる日もありました。
そんな私が36℃後半と約1℃平熱をあげることができました。

結果どれだけの効果があったのかというところですよね。

  • 低体温が治った
  • 代謝が上がり痩せた
  • 夏でも長袖が欠かせなかった私の寒がりが治った

 

結婚してから、夫基準のエアコン設定が苦痛だったんですよ。
夫に暑いのを我慢させるのはかわいそうだしと、夏場は毛布が欠かせませんでした。

でも、体温が上がってからは足の冷えも治り、裸足で過ごせるようになり、
なんと!エアコンの中でも半袖で過ごせるようになったんです。

 

これは、親や夫そして友人など周りの人もびっくりするぐらいの変化で、みんなに驚かれます。

 

そして、親にはよく「体あついね」と言われるので、本当に代謝が上がったのだと思います。

 

妊活をしてる女性の中にも年中「寒さ」と戦ってる人は多いと思います。

  • 夏なのに靴下がかかせない
  • 夏のエアコンが苦痛
  • 夏でもあまり汗をかかない

こういう症状に悩んでるのであれば、代謝アップで冷えを撃退しましょう

 

妊活で間違ったダイエットをするのは絶対NG

BMI設定もわかって、ダイエットを決意したものの、

カロリー制限で痩せようとするのはちょっと待ってください。

 

このブログでも散々言ってますが、ダイエットの基本はカロリーも大事ですが、
同じカロリーならタンパク質の含有量で選んで欲しいのです。

 

特に、妊活ではタンパク質をしっかり摂らないといい結果が出ないので、
「低糖質高タンパク」は忘れずに意識してください。

ただ単純にカロリーの低いサラダばっかり食べていると、
筋肉が落ちて代謝が下がってしまいますから。

同じサラダをたべるならチキンの入ったものや卵を足してあげるなどの工夫をしましょう。

 

  • 食べない
  • ハードすぎる運動
  • サウナなど温め過ぎるダイエット

 

このあたりは妊活のためのダイエットという視点からはやめたほうがいいでしょう。

 

ただし、ずっと運動していた人がそのままマラソンや筋トレを続けるのは問題ないのです。

運動したことない人がいきなりマラソンなどに取り組むのはやめましょうという話です。

サウナでは痩せない

私自身は低血圧持ちなので、サウナは入れないのですが(個人差はあります)
ダイエット=サウナと考える人も少なくないはずです。

大量に汗をかきますから、痩せるイメージは強いですよね。

 

でもサウナで出た汗の分体重が減ったとしても、水を飲めば戻ります。
そして水を飲まなければ血液がドロドロになって脳梗塞などのリスクがあります。

もともとサウナ好きなら別にやめましょうとは言いませんが、
そんなに好きじゃないのに無理してサウナや岩盤浴に出かけるのはどうかと思うのです。

 

私も実際岩盤浴が好きで、よく行っていました。
リラックス効果は抜群ですがあれで痩せるかと言われたら痩せないです。

なので、ストレス解消やリフレッシュのために行くのは大賛成ですが
「ダイエット目的」であえて行くとなるとおすすめはしません。

まとめ

  • BMIが25以上なら妊活のためにはダイエットは必要
  • 適正BMIは22〜23
  • ダイエットには食事管理と運動
  • 妊活のためなら「低糖質高タンパク」はマスト
  • 過度な汗をかくダイエットはおすすめしない

単純に痩せたいだけならいろんなダイエットがありますが、
「妊活」というものをベースに考えたら最優先しないといけないのは「体の栄養状態」です

いい卵が作られなければ、妊活の成功はないです。
そのための手段としてダイエットに取り組んでください。

妊活の大敵と言ってもいい「冷え」を撃退して、代謝をあげるといい結果につながります。

 

ストレスやつらい気持ちから落ち込むことも多いですよね。

 

私もそうでした。

色々考え込んで、妊活を諦めようかと思ったことも多々ありました。

高度治療に踏み切る勇気もお金もなかったですから。

そんなタイミングでトレーニングにハマったおかげで辛い気持ちは薄れていたのです。
今月もダメなら、またトレーニングを続けられるし。

そんな気持ちでやっていたときに、娘を妊娠したのです。
「今月こそは!」とフライングしまくっていたときには妊娠しなかったのに
妊娠した時は、一本もフライングせずでした。

気持ちが軽くなっていたからこそ、ストレスがなかったのだと思います。

本当に、気分転換の大事さを痛感しましたね。

そうはいっても、なかなか難しいと思います。

ですが、自分で追い詰められているなと感じたら一度気分を切り替えてみてください

ストレスは万病の元とも言いますし、いいことないです。
話づらい内容だということが一番つらいところですよね。

 

今回のこの記事が、今妊活で結果が出ず辛い思いをしている人に
少しでもなにかのきっかけを与えられれば幸いです。

 

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-ダイエット, 体質改善, 妊活(不妊治療)

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.