トレンドダイエット

緑茶ダイエットで楽痩せ!その理由はカテキンの脂肪燃焼効果だ!

更新日:

この記事をよむのに必要な時間: 約619

こんにちわ。西川ゆかりです。

ダイエット主婦
ゆかりさん!緑茶を飲めば痩せるってほんとうですか?!
んー・・それだけじゃ無理だけどダイエットに有効ではありますね・・。
西川ゆかり

という人に向けた記事となっています。

緑茶ダイエットというのは、カテキンとカフェインの力で痩せようというものです。

そして、日常の飲み物を緑茶にする事でカロリーカットにも繋がりますね。

ダイエットが必要な人は、ジュースや甘いコーヒー飲料などを飲みがちです。

これを緑茶に置き換える事で、必然的にカロリーカットができるというわけです。

緑茶ダイエットの方法や注意点を正しく理解し、生活に取り入れる事で痩せ習慣が手に入りますよ。

私の経験則ですが、一度お茶などを飲む習慣ができてしまえば、ジュースを飲みたいと思わなくなります。

記事後半に飲むだけで痩せるという「緑茶コーヒーダイエット」もご紹介しています。

これは本当に飲むだけで痩せたという検証結果付きなので、是非試してみてください。

スポンサーリンク

緑茶ダイエットの方法は?

運動をしていない人におすすめなのが、食後に飲む方法です。

食後に緑茶を飲むことで、血糖値の上昇を抑えられるのです。
その結果、食事で摂取した脂質や糖質の吸収を穏やかにしてくれる働きがあるのです。

そして、運動をしている人は、運動前に緑茶を飲むのがおすすめ

運動前に緑茶を飲むことで、新陳代謝が活発になり運動時の脂肪の分解・燃焼に効果があるんです。

さて、緑茶の新陳代謝を活発にしたり脂肪の燃焼に効果は、カテキンとカフェインの力だと言われています。

カテキンとカフェインの働きとは

 

緑茶といえば、カテキンですね。

そして日本人は昔から飲んでいるので、あまり意識していないとは思いますが、緑茶にはカフェインが含まれています。

そのカテキンとカフェインの働きでダイエットに効果があるとの事です。

カテキンの効果・効能ってなに?

緑茶に含まれるカテキンの殺菌作用や抗酸化作用は有名ですよね。

でも、近年の研究で脂肪の分解・燃焼効果が認められるようになってきました

食後に緑茶を飲む事で、血糖値の上昇が緩やかになるんです。

血糖値の上昇が緩やかになれば、インスリンの過剰分泌を抑えられるので太りにくくなるんです。

結果、脂肪がたまりにくくなるというわけです。

脂肪がたまりにくくなり、カテキンの抗酸化力で美容効果も得られるとなれば、女性にはとても嬉しい飲み物だということがわかります。

カフェインの効果・効能は?

カフェインにも、カテキン同様脂肪の分解・燃焼効果が認められています。

利尿作用もあるので、むくみにも効果的なんです。

でも、この利尿作用がむくみに効果的という部分は、一つ注意点があります。

「お水をきちんと摂取した場合」に限るということです。

カフェインの利尿作用は、摂取した以上に水分を体の外に出してしまいます。

その結果、水分代謝が上がり、循環がよくなるのです。

でも、循環するということは、新しいお水がないと循環できないですよね。

利尿作用は体内の水分を出す役割ですから、きれいなお水を入れる必要があるのです。

お水を飲まずに、カフェインのあるお茶しか飲まなかったらどうなるでしょうか?

その結果、体は水分不足になり、水分を溜め込んでしまうのです。

そうなるとむくみに繋がってしまいますので、ダイエットをしている人には大変な事態です。

そうならないためにも、カフェインを摂取したら必ず「お水」を飲むようにしましょう。

水ダイエットのコツとは?上手く水分摂取して痩せる方法。

カフェインのデメリット

カフェインのデメリットはみなさん知っての通り「眠れなくなる」ことだと思います。

一般的にカフェインの作用は4時間〜です。

カフェインが体から抜けにくい人は14時間もかかる人もいると言われています。

私は結構平気なので、夕食の後に緑茶を飲んでも普通に眠れてしまいますが、そうでない人はノンカフェインのお茶にするなどの工夫をしてください。

そして、あまり知られていないかもしれないですが、胃にもダメージがあります。

あまりカフェインを摂りすぎると、胃が気持ち悪くなるので量はほどほどにしてくださいね。

緑茶ダイエットの注意点

先ほど、カフェインのデメリットでもお伝えしましたが、飲み過ぎには注意です。

眠れなくなるだけでなく、胃の不快感にも繋がってしまいます。

「どのぐらいで不快な症状が出るのか」というのは、本当に個人差があるので一口には言えませんが、1日3回食後に飲むぐらいにしておいてください。

なんでもそうですが「痩せる=大量摂取」この考えは今すぐに捨ててくださいね(笑)

おすすめなのは温かいお茶

緑茶ダイエットで食後にせっかく飲むなら、温かいお茶にしてください。

賛否両論ある話で、どちらも文献や根拠が見つからなかったので、ここでどっちと名言するのは、ごめんなさい避けさせてください。

カフェインには体を冷やす働きがあると言われています。利尿作用のせいらしいのですが、全く逆のことをいう人もいます。

どっちがどうとはいえないですが、少しでも体を冷やすかもしれないならせめて、温かいお茶にしたら少しはマシなんじゃないかと思います。

ダイエットにおいて、体を冷やすのはマイナスしかないのでホットもしくは常温で飲んでくださいね。

温かいお茶を食後にゆっくり飲むのはリラックス効果もあるので、おすすめですよ。

緑茶コーヒーダイエットって何?

これは、減量外来の工藤医師が実践してなんと25キロも痩せたという方法です。

緑茶カテキンと、コーヒーポリフェノールのクロロゲン酸には脂肪燃焼効果があり、別々に摂取するのではなく、混ぜることで相乗効果が高まり、カフェインの取りすぎなどのデメリットも防げることがわかりました。

 引用:日本実業出版社

そして、工藤医師が自分自身で実践し25キロ減という素晴らしい結果が出たので、自分のクリニックでも実践してみたそうです。

その結果が、こちらです。

これはいける。そう感じた僕は、当時の患者さんにもチャレンジしてもらいました。

100人の患者さんに試してもらって、1カ月のダイエット効果は平均6.7kg。

「飲むだけ」ダイエットの効果としては、かなりのものです。

 引用:日本実業出版社

さて、その方法なんですが、緑茶とコーヒーを1:1で混ぜるだけです。

この工藤医師の書かれた記事をみても、なぜ食前がベストなのかは書かれていませんでした。

でも、食前でも食後でも大丈夫とのことです。

そして、緑茶でなくても茶カテキンとコーヒーポリフェノールが混ざればOKなので、ほうじ茶でもプーアル茶でも大丈夫とのことでした。

私ですか?ちょっと味が想像しづらいので試してないです・・。

まとめ

  • 緑茶のカテキンやカフェインには脂肪燃焼効果がある
  • 利尿作用があるので、正しく水分摂取を行えばむくみ改善に繋がる
  • カフェインは眠れなくなるかもしれないので、時間には気をつけて
  • 温かいお茶で体を温めよう
  • 飲むタイミングは食後と運動前!

工藤医師の緑茶とコーヒーを混ぜる方法は、かなり衝撃の結果ですよね。

簡単に痩せたい人にはもってこいな方法だと思います。

個人的には、食前にお茶を飲む事で空腹が紛れて食事量が減るので食前なのかなぁと思っています。

私もこの季節はトレーニングのお供はホットの緑茶です。寒くてお水は飲みたくないだけですが(笑)

正しい方法と摂取量を守れば、カフェインのデメリットもないのかなと思いますので、ぜひダイエットに取り入れてみてください。

ダイエット成功に向けて知っておいて欲しいこと。

ダイエット情報は色々なものが出ては消え、出ては消えを繰り返していますよね。

その中にはもちろん正しいもののあります。

でも、健康を害するようなものが混ざっているのも事実です。

例えば、置き換えダイエットをするなら正しい知識と適切なドリンクを使ってやる必要があります。

置き換えダイエットに成功する秘訣はプロテイン⁈腹持ちをバツグンにアップさせる方法を大公開!

正しく栄養を取ることで、リバウンドのリスクを少なくすることができるんです。

最後に、野菜嫌いな人にこそオススメしたい私の愛用している青汁があります。

野菜嫌いでもミネラルや食物繊維不足を解消できる!奇跡の木モリンガを使った青汁!

ダイエットでの栄養不足を心配する人にこそオススメしたい青汁です。

とってもフルーティーで飲みやすく、ダイエットサポートに私も毎日飲んでいます。

自分が試してみていいなとおもったものをこれからもどんどんご紹介していきます。

広告

-トレンドダイエット

Copyright© 脱★デブ録 , 2022 All Rights Reserved.